[PR] ブログ

--/--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | trackback(x) | comment(x)
2006/08/28
あ ぁ 無 常
ビルマ語と出会ってからはや7年目。
6年間の学生時代のうち、ゆうに1年を越す歳月をミャンマーで過ごしている。
旅行に行った回数は7回?8回?もう回数なんて覚えていない。


“ビルマ語をやってます”

そう言った時の他人の反応なんて画一的なもんだ。

“ビルマ語ってどこで話されてるの?ラオス?”

ビルマだって言っているのに、なんでラオス?

“ビルマってどこにあるの?タイ?”

の横です。ビルマって言ってるでしょうに。
結構傷つきます。
ビルマと公表しているのに、違う国と間違えるなんて。
少し物を知っている人でもこう言います。

“ビルマってもうないんだよね?”

ボクは6年も、なくなった国の言語をやってきたわけですね。
アホか。ビルマ=ミャンマーです。簡単にいうと名前が変わっただけです。
日本とジャパンみたいな。

そして、ほぼ100%の人が言うビルマのイメージ。


『ビルマの竪琴』

ビルマの竪琴 ビルマの竪琴
竹山 道雄 (1976/02)
偕成社
この商品の詳細を見る


こいつです。
しかしながら、実はこの話読んだことがない。
いろんな人に、ビルマって言えばビルマの竪琴だよね?といわれてきたけど、ボクはこの話を知らない。
なんで?
ビルマの竪琴よんで感動したから、ビルマ語やってますと思われるのが嫌だったから?
んー特にこれといった理由もないんだけど、それもあるかもね。

で、最近ようやく読む気になって読んだ。
なんか懐かしい気がした。
ミャンマー人の多くがはいているロンジー(巻きスカート)がでてきたり、寝釈迦像がでてきたりで、ミャンマーで過ごした日々を思い出したよ。
戦争期の話だけど、ミャンマーののんびりした感じが思い起こされた。
あぁミャンマーってこんな感じだったなー、昔も今も変わらないなー、今とはちょっと違うなーとか、話自体のおもしろさに加え個人的な
経験が加算されとてもおもしろかった。

そして読み終え、作者のあとがきへと目を走らせた。


あとがき
『私はミャンマーへは行ったことがありません』


ミャンマーへ行ったことがない!?
なんだとーーーーー!!!
感じていたシンパシーは一体?

だいなしだよ。
衝撃、まさに衝撃。
さらに続く衝撃の文章。

『当初の予定では舞台は中国でした』

うぉぉぉーーーーー!!
読まなきゃよかったーーー
あとがきなんて読まなきゃよかったーーーー

ビルマの竪琴をきっかけに、個人的経験が加味され構築された世界観が音をたてて崩れていく。

夜中に響く近所迷惑な悲鳴、月に向かった突き上げられたコブシ。
無常な文字列。
知らなければ幸せな事も世の中にはたくさんある。

ビルマの竪琴

おすすめです。
スポンサーサイト
Comments
「あとがき」確認しました。

ビルマって言っても「どこ?」って聞き返されること多いです;
そんなにマイナーなんですかね?
posted by ゆっこ on 2006/08/28 | URL | [edit]
フィリピン=バナナ&フィリピンパブみたいなもんですね。
バナナは認める。
でもフィリピンパブは日本のもんだぞー!
といつも切に訴えてます。
posted by やす on 2006/08/28 | URL | [edit]
>ゆっこさん
世間ではマイナーらしいよ。なんどラオスと間違われた事か。
絶対ラオスの方がマイナーだと思うんだけどなぁ。。

>やす
フィリピンったらジョリビーなのにな。
バナナよりもパブよりも、ジョリビーだよな。
posted by りゅぢ on 2006/08/29 | URL | [edit]













管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACKS
-
管理人の承認後に表示されます
2007/10/04 |
トラックバックURL:
テクノラティプロフィール
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。