[PR] ブログ

--/--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | trackback(x) | comment(x)
2006/06/12
グ ッ バ イ 、 レ ー ニ ン !
グッバイ、レーニン! グッバイ、レーニン!
ダニエル・ブリュール (2004/10/16)
ビデオメーカー
この商品の詳細を見る


■心臓発作で倒れたお母さんが、再び目を覚ましたのは8ヶ月後でした。「次に発作を起こしたら死ぬ」と医者は言い、アレックスは母親にショックを与えないようにする事を決めました。熱心な社会主義者だったお母さん、1番ショックなのは寝ている8ヶ月の間にベルリンの壁が崩壊した事。


まだ見てない人に悪いから、感想は「read more...」で。
涙なしには見れないくらい、くらーい話かなと思い借りたんだけど、コミカルに描かれていて所々笑った。
お母さんを守る為全てに嘘をつき、それを正当化するアレックス。
真実を語るべきだと言うララ。
事実を知った上で、思いを受け取る母親。
愛だね、愛。

最後のシーン、偽造したニュースを母親に見せているトコロだけど、テレビの画面を見ずに、アレックスに微笑んでいる母親がとても印象的。
ここと父親との再会でボクは号泣です。


先週の水曜にDVDを5本借りた。

『オテサーネク
ヘドウィグ アングリー1インチ
グッバイ、レーニン!
死ぬまでにしたい10の事
みなさん、さようなら』

まさか、グッバイ、レーニン!まで人が死ぬ話だったとは。。
死ぬまでに~と、みなさん~は明らかに誰か死ぬだろう。
無作為に選んだ5本中、3本も哀しいお話だとわ・・・
スポンサーサイト
Comments
初めて書き込むかも?!

あたしも見ました!最後のシーン、建国記念日のTVを見ていたとこですよね?そのとき、「すばらしいわ」って言ったんですけど、あれは明らかに息子に言った!って、号泣!

ヘドウィグも、みなさんさよーならも、見ました 笑
ひょっとして映画の趣味あるかも?!
posted by Ai SAKURAI!!! on 2006/06/13 | URL | [edit]
>あいちゃん
そう、そのシーン!そこでまさに号泣!!お母さんは全部知った上で騙されてくれたんだね~

「みなさん、さようなら」は良いね。5本借りたなかで、1番好きだった。淡々としていたけど、友情や愛情、生きたいという気持ちとか、とてもいい映画でした。
posted by りゅぢ on 2006/06/13 | URL | [edit]













管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACKS
トラックバックURL:
テクノラティプロフィール
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。