[PR] ブログ

--/--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | trackback(x) | comment(x)
2007/01/31
操 り 人 形 の 話
誰もつっこんでこないから、あえて自分から振らざるをえない。


なぁ、このトップの写真ムカつかないか??


ボクはむかつく。
正直この『かぽてぃ』のブログを開きたくないくらいだ。
なんつーの?人をバカにした見下した視線。

“ムカつくんだろ?”
“お~やおや、ムカついてますね、彼?”
“まーい~んじゃないんですかぁ?”

そんな会話が聞こえてくる気がしてならない。
“なに笑ってんだよぉぉぉ!!”
見るたびにコタツをひっくり返し、直すのが大変だ。


こんなもんが操り人形として、舞台を縦横無断に駆け巡っていると考えると頭が痛い。
そもそもこんな顔したヤツに出番はあるのか?


100日間の砂漠横断の旅を終えたボクたちはついに別れる日を迎える。
さよなら、らくだ。ボクはもう帰らないといけない。
あぁ、別れを告げるもどこまでもらくだは名残惜しそうに着いてくる。
だめなんだよ、ボクらは一緒にはいられないんだ。
免疫があり、ワシントン条約もきっとある。
君はこの国から出ることはできない。
ボクはいかないとならない。
だからお別れなんだ、分かってくれよ。

哀しそうな眼で見つめるらくだを振り切るように、ボクはタクシーに乗り込み逃げるように去ろうとする。
走って追いかけて来る、ともに泥水をすすった友。
あぁ、ダメだ。
らくだの脚力ではとても車には適わない。
息が切れ、血はにじみ、諦めに首をさげ、きびすを返す。
さようなら、これしか方法はないんだ。ボクらには。


さっそうと現れる3体の操り人形。

“あらーお別れですよ”
“えぇ、おわかれね”
“あ~寂しい寂しい”
“1人でかえれまちゅか~~”
“あ、ないちゃってるよ~この人”
“いやだ、たかだからくだとの別れなのにねぇ”
“しめっぽいしめっぽい、砂漠なのにしめっぽいとはこれいかに?”
“恵みぃ恵みぃ、オアシスになるわ!”

そんな出番。


エンディング『ストレンジカメレオン』by the pillows

~ キミといるのが好きで
  あとはほとんど嫌いで
  周りの色になじまない
  できそこないのカメレオン ~

あとはほとんど嫌いなわけでもないけど、キミといるのはホントに好きです。
スポンサーサイト
2007/01/30
書 き な ぐ り
今年は暖冬って言うけど、その恩恵に全く我が家はあずかれていない。
タバコ吸ってんのかってくらい吐く息はどこまでも白く、寝起きの体温は35度を切った。

そろそろ花粉が舞う季節。
寒さと花粉、1年のうち最悪なイベント。
桜舞う季節。
今年は高遠か?弘前は遠すぎる。

冬眠できないスナフキンがやってきて、旅に出ようと毎日ボクを誘う。
現地集合現地解散の約束をし、バター茶でお別れを。
飲まずに置かれたバター茶の数はこれで何杯目?
その約束の場所たるや、じつに15箇所。

『甘くないから』と、コンビニで水を買うようになった。
『水を買う』
小さい頃はありえない話だと思っていたけど、大人になったのか、歳をとったのか。
一方、最近お気に入りドリンクは『ピルクル』だ。
ヤクルトで喉の渇きを潤すのが夢だけど、今はピルクルが精一杯。

『ジャッキーカルパス』に卑猥な語感を感じているのはボクだけですか?

証明写真の機械。
出来上がった写真が1枚、取り残されていた。
10人全員一致で失敗作、最高にしょぼくれた写真が1枚。
自殺前のようなうつむき加減にガッカリした表情。
どうしようか、この写真。
こんなものアメリでもきっと捨てる。



『楽遊原』 李商隠

向 晩 意 不 適
驅 車 登 古 原
タ 陽 無 限 好
只 是 近 黄 昏


夕暮れ時はなんだか心が落ち着かなくて、
高原まで馬車を走らせ登った
空を染める夕日は限りなく美しく、
だが今は、闇が訪れる前の一時
2007/01/24
お ち ゃ め さ ん
正直言ってヨーロッパ人が何人かなんてわかんない。
東南アジア好きなボクは、ミャンマー人とタイ人とマレーシア人はなんとなく見分けれる。
でもヨーロッパは白人でひとくくり。

テレビでみるアフリカのなんとか族。
申し訳ないが、色黒すぎて女性と男性の区別すらままならぬ。
言われてみれば、よーくみると『あ、女の人だ』。


まーそれはおいといて。


先日、ふっと見ると他人のカードを使っている方がいた。

『すみません、こちらご本人様しかお使いいただけないのですが・・』

と、カードの使用を断ると、『本人です』と言い張る。
おいおいおい、いくらなんでもそれは無理があるだろう。
潔く諦めろよ、人のカード使うことはできないんだよ。


『こちら登録上では女性となっているのですが・・・』



『え・・・あ、はい、女性です・・・』


えへっ、オチャメしちゃった♪
めっちゃくちゃ気まず。


そういえば、うちの母親が若い頃こんな失敗をしたらしい。


『もうすぐおめでたですか?』

とお客に笑顔で聞いたところ、

『ふとってるだけよ!』

と切れられた。


抜け出れないDNA。
螺旋構造は恐ろしい。
2007/01/19
り ゅ ー ぢ 君 の 答 え !
いやさ、世の中には予想以上にヘンな人が多いわけで。。


走りゆく電車を見ながら『ま゛~ま゛~』って叫んでる人がいたり、
強風にあながいつつ、後ろ向きにあるいてたり。

確かに電車をみたら、『ま゛~』言いたくなる気持ちも分かるさ。
風の強い日は後ろ向きだねって気持ちも分かる。

けど、そこは社会に生きる『ヒト』としてやっぱまもるべきモラルじゃん?
誰にも見えないようにこっそりやるべきじゃん?


今日は突発的に激キレるおっさんに出会った。
あれは普通のキレじゃなかった。
そういった意味で、『激』をつけてもよかろうて。

突然浴びせられる罵声怒号の嵐、被害者は不幸な点において辻斬りにあったと変わらない。

今日も哀れな子羊、小林くんが辻切られた。

いきなりブチギレられる小林くん。
何に対して切れられているかも分からず。

『おいお前、ナメてんのか!?このオレをナメてんのか?オレを誰だと思ってやがる!?言ってみろ、俺はだれだ!!』

知らないですけど、、、

『なんでオレを知らないんだよ!おい!そっちのお前、言ってみろ!俺の名前を言ってみろ!』

はい、こっちきた。
小林くんが知らないから回答権がこっちきた。

『言えよ、おい!オレを誰だと思ってんだよ!?』

あ~言わないと、言わないと、、
回答時間はあと何秒?
『知らない』は不正解だったし・・・
どーしよー、どーしよー・・・

・・よし、こうなりゃ確率論だ。
確率にかけるしかない。
日本で一番多そうな・・・


“どうもすみません、田中様とは知らずご無礼いたしまして・・・”




『ちげぇーよ!!』



す、す、、、


鈴木にしときゃよかったーーー!
2007/01/18
ド キ ッ と す る ぜ
なんだか怖くて近寄り難い方が、にやっと笑って気の利いた一言いった。

不覚にもドキッとしてしまいまして、、

これが、これが意外性というヤツか。
こ、これがぁ、、い、いがいせい・・・

恐るべし。


そういえば、これまたどうでもいい話ですが、武田信玄と徳川家康が戦った時の話。
惨敗して城に逃げ帰る家康は、恐怖の余り脱糞した。

ここまでは、結構有名。知ってる知ってる。

で、知らなかったんですが、その時すぐに(?)『この悔しさを忘れん!』的に自画像を描かせてるんですね、家康わ。
ボクだったら、うんこもらした後の自分を写真に収めることなどできない。
やっぱすげーヤツはちがうぜー。

それがこれ、しかみ像。

shikamizo


どーしてもね、思っちゃうわけよ。
いや、たまたまだよ?偶然でしょ?とは思うものの、どうしても、ね。

服が茶色いんだよ?


で、この自画像を描かせたら、茶漬けを食べて即効イビキをかいて寝てしまったんだと。

だ~いじなコトが抜けてるね。
2007/01/15
し っ た か
『聞くは一時の恥、知らぬは一生の恥』

と、言いまして、一時すら耐え難きその心はものふふなり。


“今日の天気はよく分からない”


そんなことは口が裂けても言えねぇから、


“今日の天気は、晴れ時々曇りトコロにより雨。北風または南風”


と、言ってみる。
なんとかプライド保ったか?





“あれ~前はあったのに、もうなくなっちゃったんだね~~”


前からありません。
2007/01/14
水 羊 羹
小林くんからもらったコーヒーゼリーは水羊羹でした。


赤福についているヘラみたいなやつですくって食べるなんて、変わったさぞ高級なコーヒーゼリー、って思って食べたら水羊羹だった。

ついていい嘘と、ついてはいけない嘘があるんですよ。
この期待に満ち溢れた心の隙間をどうやって埋めてくれんですか。
2007/01/11
義 母 と 義 娘
先日、見た目60歳過ぎのじいさんが、アダルトビデオを借りていた。
嘲るナカレ、何歳になろうとも性欲は尽きないのです。
頑張れ、じいさん。
何歳になっても元気で、アダルトを見続ける!
ボクもそうありた・・くはない。

それはともかく、パッケージに『義母』と書いてあるのが気になった。
義母。義理の母さん。
お前、もう60歳なんだから『義母』はどーよ、『義母』は。
義理の母さん、何歳をご所望??
むしろ『義娘』に萌えろ。


『義娘』


ターゲット絞りすぎ、そんなジャンルはあるのか。


って、話を小林くんにしたら、

『そんなことはともかく、』

と軽く流された。


『今日さ、良い歯磨き粉見つけたんだ』


まるでうん10年ものの酒をだすかのように、歯磨き粉をとりだす。
なんだ、その話のフリ。
歯磨き粉の話で盛り上がるのは無理があるぞ。

『すごいんだよ~これ。フッ素入り♪』

わからない。フッ素が入っているとなんかあるの?

『虫歯を再石灰化♪』

あわせて歯ブラシまで買っている今年の彼は違う。


ボクも去年とは一味違うぞ、と思わせる為に『ブレイブストーリー』を見た。
これを見て、ボクもリトルブレイバーだ。

と、思ったけどあんま面白くなかったので変身失敗。
今年も去年と同じようです。変化なし。
2007/01/06
今 年 に 入 っ て
あっというまに今年も6日目に入り、そろそろ1週間過ぎようとしている。
年明け、むしろ去年の年明けが昨日のように感じられる今日この頃いかがお過ごしか?

『いかがお過ごしか?』

とてもあいまいな質問じゃないか。
今時分、時候の挨拶といっていいだろう『お正月どうだった?』。
どうだった?といわれてもどう答えればいいのかとても困った。

『今年のお正月は過去最高にいい正月でした』
『いつものお正月です』
『おもちおいしかった』

何を答えれば君の正解を得られるの?
もっと具体的についてくれないもんだろうか。
今年に入ってすでに100万人に『お正月どうだった?』と聞かれてる我が身としては、いい加減うんざりだ。

たとえば、『初詣行った?』
行っても行かなくても、聞き手になんら関係ないことだし、そこから話が3時間持つほど広がりをみせるわけでもなさそうだが、そう聞かれれば答えやすい。行ってない。

たとえば、『実家帰ったの?』
帰ろうが帰らなかろうが興味はないでしょ?と言いたくなるが、そう聞かれれば答えやすい。帰ってない。そして何より、実家が東京なんで面白みが全くない。

たとえば、『お雑煮食べた?』
食べようが食べなかろうが、雑煮ってそこまでビックイベントでもないし、よっぽど会話がないのねボクら。と、ちょっと哀しくなってしまうけど、そう聞かれれば答えやすい。食べてない。


ここまで例をだしたら、きっとみんなも具体的な質問の仕方が分かったと思うの。
そんでもって、その質問はみんな同じだと思うの。


『お正月何してたの?』


でもね、その質問には答えられないの。
だって、プライベートだから・・・


小林くんに久しぶりにあったので、時候の挨拶をした。
もちろん心得てるボクは、『お正月何をしてたの?』なんて酷な質問はしない。

『今年に入ってからいいコトありましたか?』

即答で『ない』と言い切られた。
間をおいて、あっ!と何かを思い出した小林くん。


『プレステ3やった!』


・・・いーなー
2007/01/02
ピ カ チ ュ ウ
あけましておめでとうございます。
断っておくが、1日勘違いして言っているわけではない。
今日が1月2日であることを十分承知の上で、ご挨拶。

さて昨年1番の目玉な出来事といえば、為替で5000円儲かった次の日に、3万円飛んでったコトです。
なんつーの油断大敵?こういうのって油断大敵??

さて、今年の目標ですが、1月中に元手の5万を超える事。
それ達成次第、次の目標は10万に到達すること。

がんばります、祈っててね。


そうそう、昨年というには3日くらい前だけど、ある婆さんの家に行ってきました。
その婆さんの家には、ピカチュウの人形が沢山あります。
そのうち何体かのピカチュウは音に反応してしゃべる。もちろん電池で。
すごーく大事に扱われているピカチュウ。
言ってるコトがよくわからなかったけど、こいつらに命を救われたと婆さんは言う。
ピカチュウが命の恩人だといって、自分の子供のように扱っている。

『最近この子、元気がなくて・・・』

哀しそうな顔で、声の小さくなったピカチュウをなでる。
はぁ、電池切れじゃないですか。交換しますよ。

『ピ・カ・チュウーー!!』

電池を換えるとピカチュウはまた元気にしゃべりだした。
それをみて喜ぶ婆さん。

『わぁ、、元気になった~よかったよかった~~!』

まぁさ、普通の人にとったら、ただのおもちゃのピカチュウも、この婆さんにとったら友達なわけよ。
1人暮らしで寂しいんだろうな。
1体1体全部手作りの洋服を着せているくらいの可愛がりようだもの。
『人形』以上の感情がこもってんだろうよ。

友達のピカチュウが元気になってよかったじゃん。
婆さんも元気だせよ!


『ピ・カ・チュウ~~!!!』



カチッ!


『・・・うるさいから電源切るわ』



な、なにぃぃぃぃ~~~~
テクノラティプロフィール
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。