[PR] ブログ

--/--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | trackback(x) | comment(x)
2006/09/05
3 レ ン チ ャ ン
北京ヴァイオリン 特別プレミアム版 北京ヴァイオリン 特別プレミアム版
タン・ユン (2004/04/02)
ジェネオン エンタテインメント
この商品の詳細を見る


西洋鏡 西洋鏡
シア・ユイ (2004/04/30)
ジェネオン エンタテインメント
この商品の詳細を見る


ションヤンの酒家 ションヤンの酒家
タオ・ホン (2004/09/25)
東宝
この商品の詳細を見る



ちゃくちゃくとアジア映画に詳しいオトコへの道を歩んでいます。
まずは手始めに中国映画ってことで。

・北京ヴァイオリン
素晴らしかった。最後のシーン、駅で父親の為にヴァイオリンを弾くとこは特に。
実はいろいろメッセージが含まれているらしく、金銭収受やファッションとか、『金で左右される世の中なんてクソ喰らえ』みたいなもんらしいけど。
そんなんボクが気付くわけもなく、単純にストーリーに泣きました。
中国版リトルダンサーみたいな話だけど、こっちの方がよりおもしろかった。

・西洋鏡
穏やかな感じでステキな話。ハートフルってヤツでないかい。
1900年代の初め、中国に初めて活動写真(映画)がやって来たときの話。
初めて動く写真に出会ったときの驚きや、西洋人のレイモンドと中国人のリウの友情、そしてほのかな恋愛。
ほのぼのとした雰囲気で、見終わった後にとても満足だった。
中国版ニューシネマパラダイスだそうだ。ボクはこれのほうが断然好き。

・ションヤンの酒家
ションヤンがめっちゃカワイイ。
けど、特典映像でのインタビュー受けてるタオ・ホンはほんっとにションヤン!?
髪型かなぁ、、張ってるエラの部分を髪の毛で隠してるから可愛く見えるんだとふんだ。
そしてこれは、中国版なに?
そんなコト気にしながら見てたら、話の内容あんま覚えてない。
それと中国語にちょっと飽きてしまい、吹き替えで見てしまった。。


次のアジア映画は何にしよう。
やっぱ『7人のマッハ!!!!!!!』か?
お勧めがあれば、教えてちょ☆
スポンサーサイト
テクノラティプロフィール
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。