[PR] ブログ

--/--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | trackback(x) | comment(x)
2006/08/31
ミ ャ ン マ ー 語
“りゅぢ、ミャンマーは好きか?”
“チャイデー!”
“りゅぢ、油は好きか?”
“マチャイブー!”


ミャンマーにいた時、何かと“○○好きか?”と聞かれた気がする。
『チャイ』が『好き』という言葉。
『デー』はbe動詞みたいなもの。
『マ』と『ブー』で挟むと否定形になる。
ちなみにこの否定形の作り方は、フランス語と一緒らしい。
もう1度言うと、フランス語と一緒だって。

“マチャイブー”

ちょっと口に出して言ってみよう。
“ブー”の時に顔を少しそむけるのがコツだ。
どうだろう?好きじゃないって感じがよく伝わるだろ?
そして少し可愛いだろう?

『チャイ=好き=like』

非常によく使っていた単語。
あれは好き、これは好きじゃないとしょっちゅう言ってた。
“○○チャイデー”で“○○が好きです”
誰でもすぐに使える簡単なミャンマー語。
さー使ってみよう、ミャンマー語は文法が日本語と似ているから分かりやすいぞ。

しかし、ミャンマー語には落とし穴がありもうす。
大変大変危険な落とし穴。

アジアの言葉らしく、ミャンマー語にも声調がある。
声調って分かります?
イントネーションによって意味が違ってくるってヤツ。
中国語が有名じゃない?
『マー』だけ言ってて文章が作れちゃうって。
マーばあさんが馬がどうのって。
あれがミャンマー語もある。

基本、日本にはイントネーションの違いで意味の違いを表す言葉はない。
“箸”と“橋”とかそんくらいだ。
文章の中で、イントネーションの違いを聞き分けられる耳をボクは持ってない。
同じに聞こえんじゃ。

どうしてこうなったのか、ボクには理解できないが、日常的によく使う言葉と、日常的によく使ってはいけない言葉が、非常に近い発音で存在する。
ミャンマーの人からしたら、イントネーションの違いは全く別単語。
でもボクは日本人。
同じじゃんと思ってしまう。
例えば“カー”はイントネーションの違いで、『踊り』って意味と、『車』って意味があるけど、同じ『カー』じゃんって思ってしまう。

“ローチンデー”

低く抑揚を抑えて言うと、『欲しい』という意味。
でも、“ロー”を高く発音すると、『エッチしたい!』って意味になってしまう。
なんでよく使う『欲しい』と似た発音なのか、外国人泣かせなミャンマー語。
地球の歩き方を見ながら、『現地では現地語をできるだけ話したい!』って思ってるウブな旅行者のほとんどが、“Sexしてー!”とウブとは程遠いコトをしゃべってる事実。


“校長先生は花が好きなココロのキレイな方なのよ”

と、留学先の外国語大学の先生は授業中に言った。
ほとんどしゃべれないくせに、下ネタ関連の単語をよく知っていたボクは衝撃を受けた。
『花』は『パン』と言うが、『パン』には花のほかにも意味がある。


ペニス


“校長先生はペニスが好きなココロのキレイな方なのよ”

まったく意味が分からない。


ながーい前置きだったけど、結局言いたかったのはこれだけ。
スポンサーサイト
テクノラティプロフィール
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。