[PR] ブログ

--/--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | trackback(x) | comment(x)
2006/06/18
一 線 を 画 す
「クラブ行きてー」 と。

「俺よりヤバイぜ、あいつ」 と。

「まじこの3人が最強でしょ?」 と。



THE 3名様の痛々しい会話を隣で聞きながら、ボクは終電に揺られ、鬼のような便意に悶えていたのです。

降りるべきか?

終電じゃなかったら、まちがいなく降りる。
両親が今まさに危篤でも、電車を降りてトイレに駆け込むだろう。
しかし、今は終電だ。これを逃したら、歩いて帰らねばならん。


目をつむろう。

ココロを無にする。


暗闇が広がり、ボクは「便」という、日曜この穏やかな終電に、大惨事を起こしてしまうかもしれない要素を排除しようと試みる。

すると暗闇の中に文字が浮かび上がる。
あれ?なんだろう??
初めは小さく、だんだんはっきりくっきりと・・・



もらしちゃえよ


人間って恐ろしいもので、一瞬『もう・・・いいや・・』と思う瞬間が訪れるってことだよね。
もし、「もういいや」って状態になってたら、最強3名様から『最強』の二文字を譲っていただけるだろうか??
スポンサーサイト
テクノラティプロフィール
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。