[PR] ブログ

--/--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | trackback(x) | comment(x)
2009/02/01
ひっこしてます
閲覧ありがとうございます。が。しかし。
コチラのブログはすでに更新おわっていまして、現在違うとこで書いております。
もしよろしければそちらをご覧ください。
リンクなどもそちらにうつしていただけると幸いです。


Not Place Utopia
こちら
FC2 Management
2007/05/12
冷やし中華始めました
ついでにタイ語も始めました。
しかしながら、ぜんっぜん分かりません。
母音が付かない時の発音は、アですかオですか?そのレヴェル。
客観的にみてタイ語とビルマ語、文字っぽくないんはどっち?
完全にタイ語の方が文字として成り立ってない気がする。
すげー書きにくいし。すげーすげー。
何故ここでくねっと曲がる?何故ここでくるっとまわる??
というか、クメール。クメール。クメールが悪い。

これまで弾かれてきた外国語は数知れず。
英語、ビルマ語、中国語、ベトナム語・・・
ペラペラになりたいんじゃないんだな。
片言しゃべるカワイイ外人として扱われたいだけ。

ところで、ピロウズに興味がある人いません?
10日の日曜日の10時から、ライブの一般販売があるんだけど、初日を取るの手伝ってくんね??

『キミに幸あれと誰かが声かける。
ありがとう、幸運とかあてにしてないけど』

このフレーズがたまらない。
2007/05/04
ず ぼ ら
ひさしぶりに家の冷蔵庫を開けた。
そこには卵くんと牛乳さんがいた。

あれ?処分し忘れてる??
旅行前に全部やばいもんは使い切ったつもりだったんだけど、よくよく考えれば、部屋の掃除もやってかなかったし、洗濯物も干しっぱなしだったし、いや~何もやってかなかったんだね、ボク。
さすがに1ヶ月以上前からあった卵と牛乳は使えないだろうとは分かっちゃいるけど、一応賞味期限を見てみる。

賞味期限 3月18日

あー完全にきれてんじゃん。
ダメだと分かっちゃいるけど、いちおーニオイをかいでみる。いちお振ってみる。
ドロドロな状態にはなってなさそうだし、ニオイも刺激臭ではない。
これはもしかしたら、いけるんじゃないか?とか思ったけど、やっぱ1ヶ月前はよくないだろーよと、捨てます。

まったく、何やってんだか。1ヶ月間旅行いくって分かってたんだから、賞味期限が持たないヤツはあらかじめ捨ててから出て欲しいもんだ、過去の自分。
ん、、あれ?賞味期限3月18日??
旅行に出たのはいつ?3月26日じゃなかった??

ははは・・・笑っとけわらっとけ。
2007/04/23
ご ー き ー ぶ ー
ウボンラーチャタニー。
タイ東北地方の大都市はゴキブリがめちゃくちゃ多かった。

街中でも、宿の廊下ですら彼らの姿を見かけた。
これは部屋の中にも当然いるだろーなぁ。
1匹2匹現れたけど、殺しても後片付けがめんどうだから、なるべく平静を装い無視してた。
けど、けど、、、3匹一気には限界だ。
すぐにセブンイレブンに向かい殺虫剤購入。
机の裏とかベッドの下を入念に噴射。

、、、数分後、、、

出るわ出るわ、苦しみにのたうちまわるゴキブリたち。
ゴキブリが・・・1匹、2匹、3匹、4匹、5匹、、、、、
1ダース数えたところで、いかん、これは寝てしまうと数えるのを断念。
ちょっと心臓弱い人だったら、しょっく死しちゃうと思うの。
そうでなくてもちびっちゃうと思うの。
いや、けっこうな水溜りとか作っちゃうと思うの。
んでもってその水溜りで、2匹くらいはゴキブリが死ぬの。
ってくらい大量にゴキブリが現れた。
8匹集まってキングゴキブリに変身できるから、キングゴキブリ4匹は堅い。

苦しみつつバタバタと倒れ行くゴキブリたち。
ふと気づくとベッドの上でぼーぜんとしてるボク。
あたり一面死体だらけ。
ここはなんだ?戦場か?戦争がおきたのか??
かるくキリングフィールドだった。
その死体の山をとぼとぼと歩く。

いや、待てよ。
こいつらを殺したのはボクだ。
というと、どっちかというとボクがポルポトだ。
思想に燃える、『はぐれりゅうぢポルポト派』だ。
無能なゴミ虫を殺し、新世界の創造だ。
そんなわけで、とぼとぼはおかしい。
堂々と、ゴキブリの死体の中歩こうじゃないか。
そしてこのキリングフィールドを抜けレセプションにたどり着く叫ぶのだ。


『部屋を変えてください』
2007/04/17
元 病 院 の 呪 い
サワディーカップ。
こないだはビエンチャンだったっけ?
今いるのは、タイのウボンラーチャターニーっていう東北地方の大都会?なんだ、これが。

まー順をおって話そうじゃないか。

ビエンチャンから、バンコクへの直通国際バスがでてたんだけど、そんな軟派な道を歩むボクじゃぁないぜ。
というわけで、ビエンチャンから陸路国境を越えて、タイ側国境のノンカイに入り、そのままバスステーションへ。
コラート(ナコーンラチャシーマ)って街に行きたかったんだけど、そこに行くバスはないと言われて、ノンカイから一番近い大きな街のウドンターニーに移動。1時間半くらいで到着。
ウドンターニーからコラートへはバスが出てたんだけど、始発かと思ったらそうじゃないの。
乗った時点ですでにバスは満員。
ウドンターニーから乗る人もすげーたくさんいたから、ぎゅうぎゅうの満員の中コラートへ出発。
近かったら別にこれでもいいよ?
でもさー、6時間はかかるんですよ、ウドンターニーからコラート。
なんで中長距離のバスで満員立ち乗りなわけさ。
気になったのは、バスの側面に書かれていた『ノンカイ-ウドンターニー-コラート』の文字。
おい、このバス、ノンカイ発じゃねぇの??

タイ人に限らず東南アジアの人って肌が触れ合うの平気なのね。
日本で言ったら、電車のつり革1つに2人つかまるみたいな状況が全然平気。
こちとら1つのつり革は1人で使いたいわがまま派だ。
ただでさえ身動きできない状況のなか、手を握られてるような環境に発狂寸前だ。
このまま6時間以上これはきびしぃーと思ってたら、2時間くらいで到着した街コーンケンで大勢が降りた。
助かった・・・そして座れた・・・
全部で7時間ほどでコラートに着き、まずどうしようかと地図をみると近くにBIG-Cというデパートがある。
これはもしかして、タイスキのチェーン店『MK』があるのでは??と1キロほどテクテク歩く。
予想通りMK発見!!
今日泊まる宿とか決まってないけど・・大きなリュックしょってるけど・・・

タイスキたべたーーぃぃ!!

ということで突入。
一瞬店員に『えっ?』って顔されて、その後微妙に笑われつつタイスキ完食。うまい!

その日はコラート泊。
ルアンプらバーンで会った人と、部屋をシェアしたんだけど、彼曰く

『この建物、きっと昔は病院でしたね』

確かに、病院ぽい。
普通のホテルには、半透明の扉が廊下にあるわけがない。

『きっと地下には霊安室とかあるんでしょうね・・』

カーテンとかよく見たら、病院のカーテンそんままじゃん!

『怨念とか、やっぱあるんでしょうね・・・』

散々彼にビビらされた。
またグッドタイミングでトイレがへーんな音をたてるんよ。
ガボッ・・・ガボ、ゴゴゴ・・・・

『呪われるかもしれませんね・・』

そう呟きつつ眠りに入る彼。
いやーーー眠れなーいぃぃーーー
電気つけて眠ってもいいですかーー??


朝方、吐き気が。具合もとても悪い。
トイレに駆け込み、ゲーゲーと吐きまくる。
普通に立つのも辛い。

突然の病に倒れた。
どうやら呪われたのは彼のようだ。

ボクはというと、いたって健康そのもの。
ボクより元気なのはアンパンマンくらいだぜってくらいに元気。
ただ気になるのは、彼と部屋をシェアし、ほとんど同じものを食べているので、潜伏期間の違いで次はボクの番かもしれないってこと。

フラフラしている彼はバンコクに向かい、ここで別れる。
一緒にバンコクへ行こうかと言ったんだけど、年上の方だし旅慣れてるので『大丈夫』といわれるとあんま強くは言えない。
ホテルはチェックアウトしてしまっているので、リュックを持ちつつ観光に出かける。
というか、安いといえどあのホテルに2泊もしたくない。

まずはクメール時代のピマーイ遺跡へ。
アンコールワットと同時代のもので、タイのアンコールワットと呼ばれている。
コラートから1時間半くらい。
なるほど、これはアンコールワットっぽい。
トウモロコシのような尖塔があり、遺跡フェチにはたまらない。
レリーフとかあれば申し分ないのだが、大満足だ。
この全荷物が入ったリュックがなければなおよかったが・・・。

今日の予定としては、夕方までにラオス国境近くのウボンラーチャターニーに行きたい。
ピマーイからだとバスはないので、またコラートに戻る。
現在1時過ぎくらい。
ウボンまでは、どんくらいだろう?4,5時間くらいか??
とりあえず、素敵なバスを見つけたので乗る。
バスの中で隣に座ってたカップルが異常なほどいちゃいちゃしてた。
1つのシートに2人座っちゃってるくらいの密着ぶり。
あまりにうざかったので、2人とも殺してしまった。
ウボンに着いたらまずこの2人をうめなくちゃね♪
6時くらいには着くだろうと思ったが、意外と遠くて着いたのは8時過ぎ。
普通の街だったら、バスから降りたら客引きがすごいのに、ここでは英語を話せる人がいないせいか、スルーされる。
えっ?ボクのこと無視??
的な寂しさを覚えつつ、仕方ないので自分からバイタクを捕まえるけど英語が通じない。

実は今回の旅で、飛躍的にタイ語ができるようになった。
と言っても、簡単な値段交渉とかご飯の注文くらいだけど。
10語くらいのカードを駆使し、無事目当ての宿までつれてってもらいチェックインしました。

で、現在ネットをしてるってわけよ。
いやーくそ長いね、ごめんねーー
2007/04/14
ピマーイラオーー
サバイディー!!ピマーイ!!

今、ラオスの首都ビエンチャンにいます。
水掛祭り真っ只中!!
パンツまでびっしょりなくらいに水かけられてます。

まー、前回がルアンナムターだったんで順を追って話すと、ナムターからウドムサイ行って1泊、そこからルアンプラバーンに行き3泊しました。
フライング気味で水掛が始まってて、そこでも結構ぬれた。
ルアンプラバーンは実に6年ぶりに行ったんだけど、ずいぶん変わっててびっくり。
おされな店がすげー増えてて、カフェとかレジスター使ってんの。
こりゃー愛するミャンマーはラオスに完敗です。

意外と、ラオスって食べるものがおいしいんですよ。
鶏肉にいたってはすべてが地鶏です。
自由奔放に放し飼いされてるやつですから、そりゃーうまいよ。
飯はうまいし、気候も良い、なかなか沈没スポットです。

で、ルアンプラバーンからヴァンヴェンは飛ばしてビエンチャンに直。
8時間くらいでついたのかな?
大して値段がちがくないので、スーパービップってバスにのっちゃいました。
トイレついてるし、水やお菓子、昼飯のクーポン付。お得です。

で、今日はブッタパークっていうアホな公園行ってきました。
バイクをレンタルして、田園風景眺めつつ1時間くらい。
途中で、がんがん水かけれて、こっちも水鉄砲買って応戦。
ラオス入ってから、日本人にすごい会うんでみんなで遊びに行ったり飯食ったり。
タイスキならぬラオスキがあってこれがまたうまい。
大勢でつつくと楽しいですね。
一人だとまずビールなんて飲まないけど、今日は5人も一緒なんですごーい飲んでしまいました。

モーンラオー
ロキシーラーギョー
ムーデー

すごーいぃ酔っ払ってんで、文章も支離滅裂かな?
まーまー、ご容赦!
2007/04/08
6 年 越 し ラ オ ス 
どうも、ルアンナムターよりこんにちわ。
『地面にこぼれたミルクが、わずか1%の雨となってあの味を思い出す』
そんな今日この頃いかがお過ごしですか?
はい、枕詞は流してくださってケッコウケッコウコケ。

おとといにチェンコン-フェイサイの国境を越えラオスに入国。
で、ちょっとだけムアンシンによって今ここにいます。
ずいぶんと道が良くなって、ラオスの旅行がしやすくなってます。

フェイサイからルアンナムターまでのバス移動が、8時間と聞いてたんで水を買って乗り込んだ。
で、移動中なんて景色しばらく眺めたら後は寝るだけ。
ふっと水を飲もうと眼が覚めて、でもおいといたとこに水がなくて。
隣のラオス人が水飲んでて。
一番安い水なんで、どこにでもあってありふれてるヤツなんだけど、あれーこの人、バス乗ったとき水もってたかなー??なんてよーく記憶を探ってみたりして。
結論として、あーそうだ、この人はきっとどっかで水を買って自分のを持ってるんだ、とはとても思えず、その水、ボクのじゃない?なんて思い出したら、それ以降一口飲むたびになんだかイライラしちゃったりして。
あ、またボクの水飲んだ。あ、また。おい、そんなに一気にいくのかよ、俺の水!

なんだか、やることなすこと気にくわないヤツで、バスの中で飯食うなって。
おい、さっき休憩の時、昼飯食ったじゃねぇかよ。なんでまたパン食ってんだよ。
おーいぃ、デザートまで準備してんのかよ。
ミカンかよ、いい身分だな、水分しっかりとれよ。


え??

なに???

ミカン1個くれんの??まじ??


思ったよりいいヤツでした。
でもそれボクの水だよね??


今回は時間も短いので激しく移動してます。
こんなことしょっちゅうです。
明日あたりルアンプラバーンかウドムサイに行きます。
明日の気分で決めます。
ルアンプラバーンだったら実に6年ぶりに行くことになりますね。

『ルアンプラバーン、あれから6年も経ったのか・・・
この街も、変わっちまったな・・・そして俺も若かった・・・』

誇りたまへ、今のオレ最高にカッコいい。株価ストップ高。


そんな自己満足に浸りに行ってきます。
[next]
テクノラティプロフィール
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。